twitterで街をハッピーに!

松涛の邸宅を見習う暮らし

只今評価募集中です!

井の頭線で見つける!「ていねいな暮らし」。
このテーマは、人が人らしく暮らすことの大切さについて考えるということです。

時間に追われる毎日を過ごすうちに忘れがちな「大切なこと」を綴っていこうと思います。

 

 


 

京王線神山駅から、あるいは京王井の頭線渋谷駅からも徒歩で行ける戸栗美術館。


感動したのは美術館にではなく、
戸栗美術館の周りの邸宅がとても美しいことだ。

 

落書きもない。
玄関先に枯れた鉢植えも無い。
ガレージに山積みされた荷物も無い。

 

 


目汚しになるものが、この街の一角には見当たらない。


この美しさが家の中にも広がっていると思うと羨ましくてため息が出る。

 

 

 

 

勤務先の高層ビルのエレベーターの中で、
「生きる為に働いているのか、働く為に生きているのかわからない」と
朦朧と話していた背広姿の男性ふたり。

同感。

人間らしく生きることは大切。


家の敷地の隅々まで手入れが行き届く「ゆとり」。「裕福だから」という一言では片付けられない。
丁寧なくらしのヒントとして、
自分の生活に足りない「良い格差」を感じた。

 

(あとがき)
写真は美術館の向かいにある
フレンチレストラン「シェ松尾」です。
個人の邸宅は写真に撮れないので、このような雰囲気の邸宅が建ち並んでいるとイメージしてください。

 

「meets井の頭線:井の頭線でみつける!ていねいな暮らしのヒント」

掲載日付:2016/12/29
るちあ

沿線ライター
るちあ さんによって書かれた記事です。

ライター記事一覧へ

街はぴポイント投票♪

この記事は
0はぴです。

スポット情報

店名
戸栗美術館
住所
東京都渋谷区松濤1-11-3
連絡先
--
定休日
--
営業時間
2016年12月24日(土)から2017年3月31日(金)まで、館内整備のため休館

この記事へのコメント

コメントを書く

この記事へのコメントはありません。

事務局オススメ記事

  • 街はぴ新規会員登録(登録無料!)
  • モバイルQRコード
    街はぴスマホ
    スマートフォン用の街はぴはこちらからお進みください。
  • 京王沿線生活マガジン「アイボリー」
    京王沿線の生活に役立つ情報をお届けする生活マガジンはこちら!
    詳細はコチラから